50歳代を過ぎた頃から増え始める腰痛の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)に、「脊柱管狭窄症(手術をしても治らないこともあるでしょう)」があげられるのです。「脊柱管」とは神経の通り道の事を言い、その箇所が何らかの原因により狭くなると神経が圧迫されて痛みやしびれの症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が発生します。こういう状態の腰痛を、脊柱管狭窄症(早期に治療することにより、手術を回避できることが多いものです)というのです。脊柱管狭窄症(鍼治療や整体なども試してみるといいかもしれません)と診断されてると、排泄障害や歩行障害等が出現し、日常の生活も困難になるくらい進んだ症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)以外の場合なら、まず痛みやしびれを軽くする保存療法(安静にするというのも、立派な保存療法の一つです)を試みるのが一般的です。まず、薬物療法では、痛みに対して主に非ステロイド性消炎鎮痛薬(血管を閉じるように働きかける薬なので、痛みは感じづらくなりますが、長期的な服用は危険だといわれています)を利用したり、痺れに対しては血流を促すために血流改善薬が使われたりします。血流が良くなると、圧迫されている神経の機能も回復してくるので、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の悪化を防ぐ役割も果たします。他には、貼り薬(貼付剤ともいいます。パップ剤、プラスター剤、テープ剤、パッチ剤などがあります)、塗り薬等を使用する可能性もあるかもしれません。薬物療法でも痛みが取り除けない場合には、神経ブロック注射(麻酔科医師が注射するのが一般的でしょう)を利用しましょう。ブロック注射(熟練した麻酔医が慎重に注射する位置を見極めて行います)をすることで、神経周囲の炎症を鎮めたり血流を改善したりする効果があって、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の軽減に繋がるはずです。やや前かがみの状態で固定されるコルセットを使用する事で、神経への刺激が抑えられる為、痛みも軽くなるでしょう。上記みたいな保存療法(保存的療法ともいい、出血を伴うような治療法を選択しないことをいいます)を行っていても効果が現れず、痛みや痺れが悪化しているような場合には、手術が勧められる場合もあるのです。脊柱管狭窄症(鍼治療や整体なども試してみるといいかもしれません)の手術としては、脊柱管を形成している脊椎の一部を切除し、神経が圧迫されている箇所を除外する除圧術と、腰椎がずれている場合にその部分を固定する脊椎固定術に代表されるようにすー